屋久島公認ガイドツアー
屋久島ひとやすみ

屋久島で心も体も元気になりませんか?
自然の中に身を置き、五感をフルに働かせて体を動かすと、なんだか心も体も軽くなった気がします。
日ごろ頑張っている諸々のこともちょっと一休みして、屋久島の自然へ足を運んでリフレッシュしましょう。
屋久島ひとやすみでは、4名までの少人数制でご案内いたします。貸切のご希望や5名様以上の場合もご相談くださいませ。

コースメニュー

森歩き

山頂を目指すのではなく、森の中で出会うものをゆっくり見ながら、聞きながら、触れながら、じっくり歩いていくコースです。

【時間】9:00~16:00頃
【参加料金】1名 15,400円|2名 14,300円×2名|3名 13,200円×3名|4名 12,100円×4名
※貸切ツアーは追加料金(1組5,500円)かかります。
※お子様、学生の方は割引料金になります。お問い合わせください。
※各料金には、保険料が含まれています。
※送迎サービスエリア:宮之浦、楠川、椨川、小瀬田、永久保、船行、安房、麦生、原、尾之間

白谷雲水峡 原生林コース:
登山口(約600m)から苔むす森(約800m)まで。 照葉樹林からヤクスギの森に移り変わる森で、映画「もののけ姫」のイメージのような苔むした美しい森を歩きます。 清流の流れる沢を渡るたびに美しい景色が広がります。江戸時代に伐られた屋久杉の切り株など、歴史を感じながら自然を楽しむコースです。

白谷雲水峡 太鼓岩コース:
登山口(約600m)から太鼓岩(約1,000m)まで。 照葉樹林からヤクスギの森に移り変わる森で、映画「もののけ姫」のイメージのような苔むした美しい森を歩きます。 太鼓岩からは天気がいいと九州最高峰の宮之浦岳をはじめとする山並みや、様々な色や形の木々が並ぶ森を見下ろせます。

西部照葉樹林:
登山口(約150m)から展望岩(約20m)まで。海岸まで世界自然遺産となっている 西部地域の森を海岸に向かって降りていきます。島内で最もサルやシカなどの野生動物の生息密度が高い場所であり、 それらの生活の様子を間近で見ることができます。亜熱帯植物のガジュマルやアコウの巨木が見られます。

ヤクスギランド(荒川原生林):
登山口(1,000m)から標高差約200m。屋久島に残る屋久杉原生林の ひとつである荒川原生林の入り口の森を歩きます。江戸時代に伐られた切り株や倒木などが見られ、 またそれらが苔むした美しい森を歩きます。屋久杉と人々との関わりを体感できます。

蛇之口の滝:
登山口(約100m)から蛇之口の滝(約500m)。尾之間温泉の裏から亜熱帯の森を抜け、 照葉樹林を進んでいくと目の前に大きな滝が現れます。 降りてきた後には温泉にも入って汗を流せるのもいいところです。

登山

日帰りで行く軽登山コースです。道中に見られる景色や生き物などを見ながら登っていきます。

【時間】8:00~17:00頃
【参加料金】1名 16,500円|2名 15,400円×2名|3名 14,300円×3名|4名 13,200円×4名
※貸切ツアーは追加料金(1組5,500円)かかります。
※お子様、学生の方は割引料金になります。お問い合わせください。
※各料金には、保険料が含まれています。
※送迎サービスエリア:宮之浦、楠川、椨川、小瀬田、永久保、船行、安房、麦生、原、尾之間

太忠岳:
登山口1,000m山頂1,497m。屋久杉の森を抜けて、山頂にそそり立つ天柱石を目指します。山頂からは安房の街、太平洋に浮かぶ種子島も見られます。

黒味岳:
登山口1,360m山頂1,831m。屋久杉の森から世界遺産の森に入り、灌木帯、高層湿原、森林限界を超えるという、変化に富んだコース。山頂からは宮之浦岳、永田岳など屋久島で主要な山並みを眺めることができます。

モッチョム岳(冬季のみ):
登山口270m山頂940m。屋久島の南部の集落から見える花崗岩の岩山で目を引くのがモッチョム岳です。見るからに急でスタートしてからも急登が続きます。途中、万代杉が待ってくれています。山頂付近はロープ場が続きます。最後のロープを登り切ると麦生から平内にかけての集落が見下ろせます。

花山原生林:
花山歩道入り口(約500m)から花山広場(約1,250m)まで。 照葉樹林を進んで、屋久島原生自然環境保全地域の花山原生林のふちを歩いていきます。 屋久杉の巨木が並ぶ島内屈指の美林です。山頂を目指す登山ではないのですが、標高差700m以上を歩く体力が必要です。 ※リピーターさんのみのご案内となります。またご宿泊先は安房~湯泊の方に限らせていただきます。

森の保健室(心理テスト付き)

自然の中での活動は心や体が元気になります。そのことを客観的にも分かるようにツアーの前後に心理テストを実施しています。 通常の森歩きよりも、ゆっくりする時間を多めにし、自分が心地良くなることに時間を費やしていただきます。 白谷雲水峡、ヤクスギランド、西部照葉樹林、どちらのコースに行きたいかをお申し込みの時にご選択ください。

【時間】9:00~16:00頃
【参加料金】1名 15,900円|2名 14,800円×2名|3名 13,700円×3名|4名 12,600円×4名
※貸切ツアーは追加料金(1組5,500円)かかります。
※お子様、学生の方は割引料金になります。お問い合わせください。
※各料金には、保険料が含まれています。
※送迎サービスエリア:宮之浦、楠川、椨川、小瀬田、永久保、船行、安房、麦生、原、尾之間

とりさんぽ

屋久島は一年中緑の葉に覆われている森のため、バードウォッチングにはあまり向いていません。 しかし、季節の渡り鳥は屋久島で羽を休め英気を養って、また旅立っていきます。 鳥の声に耳を傾け、姿を探しながら歩いてみると、いろいろな種類の鳥に出会えます。 鳥の活動が始まる日の出に合わせてスタートするショートツアーです。

【時間】7:00~10:30頃(季節によって変動あり)
【参加料金】1名 7,700円|2名 7,150円×2名|3名 6,600円×3名|4名 6,050円×4名
※貸切ツアーは追加料金(1組5,500円)かかります。
※各料金には、保険料が含まれています。
※それぞれのコースの集合場所にご集合ください。
宮之浦川沿いコース|NTT前の駐車場広場(宮之浦)
椨川コース|ふれあいパーク屋久島(小瀬田)
松峯コース|運動グラウンド(安房)
屋久杉の森コース|ヤクスギランド第2駐車場

プロフィール

福留 千穂(ふくどめ ちほ)
生まれも育ちも鹿児島県。鹿児島県内の小・中学校で養護教諭として子どもの心身の健康について携わる。 2014年に退職しガイドになるため屋久島に移住し、屋久島野外活動センターで約1年間の研修を受けた後ガイドとして勤務。 2022年5月に独立し現在に至る。
趣味は「とりさんぽ」で、時間があればカメラを持って野鳥の姿を探しに歩く日々。 地道な努力の甲斐あって屋久島の野鳥への知識が深まってきた。


  • 保有資格等
  • ■(公社)日本山岳ガイド協会 登山ガイドステージ1
  • ■(一社)日本セーフティカヌーイング協会会員
  • 屋久島公認ガイド
  • ■岡山理科大学非常勤講師
  • 屋久島観光協会会員
  • ■日本野鳥の会(本部・鹿児島県支部)

  • 著作等
  • ■屋久島の民俗ガイド (共著) 屋久島里巡り推進協議会2022
  • ■屋久島オープンフィールドミュージアムガイドブック(共著) 屋久島野外調査研究会 2021

お申込み・お問い合わせ


屋久島ひとやすみ 代表 福留 千穂 Chiho Fukudome

TEL 090-3328-7849

受付時間 9:00~20:00

e-Mail chiho.fuku79@gmail.com